RMS (楽天)

公開日:

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

楽天市場に出店している店舗にとって欠かせないRPP広告。
設定が簡単で初心者でも始めやすい広告です。
今回は今更聞けないRPP広告のチューニング方法をご紹介いたします。

1.RPP広告の設定おさらい

ⅰ.除外登録により配信商品が設定できる!

RPP広告は全商品が広告の配信対象となるので、除外登録を設定することで、配信したくない商品の配信を止めることが可能です。

ⅱ.商品毎にCPC設定が可能!

商品を指定して特定の検索キーワード別にCPC設定することができます。 キーワード設定のメリットは露出をさせたいキーワードで露出ができるができるということです。キーワードは、購入につながりそうなものを設定しましょう。

ⅲ.各商品に対してキーワード別にCPC設定が可能!

商品を指定して特定の検索キーワード別にCPC設定することができます。 キーワード設定のメリットは露出をさせたいキーワードで露出ができるができるということです。キーワードは、購入につながりそうなものを設定しましょう。

2.効果的な配信のためにやるべきチューニングは?

ⅰ.除外登録を設定しよう!

画像引用元:楽天市場RMS

RPP広告は全商品が広告の配信対象となるので、無駄な広告費を削減するために、利益率の低い商品や、転換率が悪い商品などは「除外登録」をすることで配信を止めましょう。 さらに、パフォーマンスレポートで商品別の配信実績を確認し、費用対効果が合わない商品は広告配信を止めることで、広告費をさらに削減することができます。

ⅱ.キーワードの設定を見直そう!

画像引用元:楽天市場RMS

パフォーマンスレポートでキーワード別の配信実績を確認し、費用対効果が合わないキーワードは設定から外すもしくはCPCを下げることで、広告費の削減を図りましょう。

ⅲ.売れる商品に広告費をかける!

売れ筋の商品に広告を集中させることで、検索順位の上昇を狙いましょう。

楽天では検索サーチからの流入が多く、検索順位を上げることが非常に重要です。現状、楽天の検索順位のアルゴリズムでは売上が重要となるようですので、売れ筋商品の広告を集中させ、一時的な売上を作ることで、検索順位が上がる→アクセスが増える→売上が上がる→検索順位が上がる→…という売れるサイクルを作りましょう。

まとめ

RPP広告で重要な事はパフォーマンスの悪い商品を除外登録し、売れる商品に広告費を掛けて配信する事です。
売れ筋商品の商品毎のCPCやキーワード毎のCPCを設定する事で、より精度の高いチューニングをしていきましょう。

Hameeコンサルティングでは、商品ページの作成や楽天SEO対策のサポート、運用代行なども行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

運用・出店のコンサルティング、運用代行、その他ご相談はお問合せフォーム
よりご連絡くださいませ!

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Hameeコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

markbench