ECサイトのコスト削減の余地

投稿日:2014.04.20

ECサイトでかかるコストではECサイトでかかるコストに関しての概要をまとめました。
今回は、各種コストの削減方法の一部を記載していきます。

ECコンサルに入らせていただき、ショップから出ているコストを明確にすると、無駄なコストがかかっていることが非常に多く、削減できる余地が多いショップさんが多いです。

ECサイトの人件費に関して


まず、利益へのインパクトが大きい人件費に関してです。
※1名雇う場合、少なくとも月に30万くらいの想定をしておいた方がいいでしょう。

人手がかかるところは時間計算を行い、外注化したり仕組み化をする、不必要な商品を切り捨てるなどをする必要があります。
たとえば、楽天で商品を登録する際に、CSVを活用して手間の軽減をしているか?
商品が同じものの販売が少なく、新たなものの販売ばかりで撮影や商品登録に時間がかかりすぎていないか?
など、人でがかかっているところを時間換算するくせをつけましょう。

大きく人手がかかっており、利益を圧迫しているものがあれば、外注化していまうのも一つの手です。
外注はサイトの運営代行からロジ・梱包・配送部分、デザイン、商品登録まで幅広くあります。自社の特性に合わせてコスト高になるところを早めに外注化してしまいましょう。

詳しくは下記にて各外注に関してみてみてください。

ECサイトの運営代行

 

ECサイトの広告費の最適化


次に、意外と無駄なコストになっていることが多いのが各社広告費です。
楽天内広告、SEOの外注費用、など様々ですが、費用対効果を月に1回は見るようにして、無駄なコストは削減していきましょう。
とくに、広告に関して代理店と契約する際は契約期間を長くしないように注意する必要があります。

 

HameeコンサルティングではECコンサルサービスでコスト削減のサポートもさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください!

 

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

モール選びから集客戦略までをサポートする、無料お試しを開始!

モール選びから集客戦略までをサポートする、無料お試しを開始!

2016.06.14

ECコンサルが教える楽天での商材選び

ECコンサルが教える楽天での商材選び

2015.05.20

ECサイトでかかるコスト

ECサイトでかかるコスト

2014.04.20

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。