ECサイトでかかるコスト

投稿日:2014.04.20

ECサイトでかかるコスト分類

ECサイトを運営するには様々なコストがかかります。大きく分類すると下記です。

 

・売上に連動するコスト

1. 各種手数料(楽天の手数料、決済手数料、ASP手数料など)

2. 配送費

 

・売上に連動しない(ある程度連動はするが、必ずしも売上と比例して上がるものではない)

3. 人件費

4. 商品原価(仕入費用)

5. 販促費

 

この中で、特に利益をもたらしずらいコストが人件費です。

たとえば、粗利率(売上から商品原価を引いたもの)が40%の場合、店長1人で対応できる量は商品単価にもよりますが、150-300万程度までと一般的にいわれております。

 

実際にコスト計算してみると?


ここで各種コストをみていきます。

売上:200万
商品原価:120万

売上から商品原価を引いて粗利を出すと、
粗利:80万

そこから、各種手数料と販促費が売上の10%とした場合、

各種手数料:20万(10%)
販促費:20万(10%)

となり、残りの利益は40万
店長の給与を40万としたとき、利益が丁度0円になります。

とはいえ、これ以上売上が増えるとまわらなくなってしまうため、人を雇うことになります。
そうすると、各種コストが同じ構造の場合、売上が400万になるまでには赤字が続くことになってしまいます。

現在の自社のサイトの売上やコスト、利益率をしっかりと把握することで、どのくらいのボリュームまで現状の体制でいけるのか。増員したり外注する必要がいつあるのかなどの計画をしっかりたてていきましょう。

 

HameeコンサルティングではECコンサルサービスでコスト削減や業務効率化のサポートもさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください!

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

モール選びから集客戦略までをサポートする、無料お試しを開始!

モール選びから集客戦略までをサポートする、無料お試しを開始!

2016.06.14

ECコンサルが教える楽天での商材選び

ECコンサルが教える楽天での商材選び

2015.05.20

ECサイトのコスト削減の余地

ECサイトのコスト削減の余地

2014.04.20

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

2021.04.27

「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。