ECコンサルが教えるネットショップの転換率(CVR)の改善

投稿日:2014.10.09

ECコンサルをさせていただいていて、ショップさんの転換率(CVR)が低い場合、原因は大きく下記のどれかであるケースが多いです。今回は普段ECコンサルでもお伝えしている内容の一部に関して各項目ごとに関して記載していきます。
 

(1)商品名

(2)商品の価格

(3)画面設計・デザイン

(4)決済

(5)質の低い誘導

 

(1)商品力


他社の商品と比較して、商品力が弱い場合は当然転換率(CVR)が著しく落ちます。ユーザーは商品をしっかりと比較していることを忘れないようにしましょう。
商品力を高めるためには、他社でうれているものの分析やユーザーニーズの把握をしっかりと行うところから始めましょう。


(2)商品の価格


他社と同じ商品や類似した商品を販売している場合、価格は非常に重要な要素になります。もちろん、値引きだけではなく特典などをつけることで、優位性を高めましょう。


(3)画面設計・デザイン


サイトのナビゲーションや画面設計など、そのページに来るユーザーにとって必要な情報が不足していたり、うまくみせられていないことがあります。そのユーザーが何を目的にそのページに来たのかをしっかりと考えることが、最適な設計へとつながっていきます。


(4)決済


決済の手段や決済情報部分の項目が多すぎるなので、多くのユーザーが購入前に離脱している可能性があります。改めて入力する情報や決済内容のチェックを行いましょう。後払い決済やキャリア決済など、スマホを意識した視点も重要です。


(5)質の低い誘導


質の低い誘導が多いと、転換率(CVR)は低下します。誘導元のリサーチを行い、本当の転換率(CVR)をしっかりと把握し、質の高い誘導を高めていきましょう。
リピートユーザーが多くなると、売上につながりやすい誘導も増えてきます。

 

楽天の転換率(CVR)に関してはこちらをご覧ください。

 

HameeコンサルティングのECコンサルサービスでは、転換率(CVR)改善サポートもさせていただいております。

お気軽にお問い合わせください。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトが導入すべき決済、Amazonログイン&ペイメントとは?

ECサイトが導入すべき決済、Amazonログイン&ペイメントとは?

2015.05.12

スマホECにおける衝動買いの促進

スマホECにおける衝動買いの促進

2015.01.11

ECコンサルが教えるネットショップの転換率(CVR)の改善

ECコンサルが教えるネットショップの転換率(CVR)の改善

2014.10.09

ECコンサルが教えるネットショップの転換率(CVR)の改善

ECコンサルが教えるネットショップの転換率(CVR)の改善

2014.10.09

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

2021.04.27

「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。