利益率を維持しつつ売上を上げるためのネットショップ運営代行活用

投稿日:2017.11.28

ネットショップでは、売上とコストが反比例するタイミングがある

ネットショップ運営時にかかるコストとしては、商品の仕入れ費用を除くと、
やはり人件費が大きな割合を占めるのではないでしょうか。

人件費は、社員を採用する場合などは、徐々にではなく階段的な上がり方をします。
売上がなだらかに上がる中、コストが階段的に上がることで、利益率が大きく
下がるタイミングが定点で発生しがちです。

そのため、なかなか採用に踏み切れず、既存人員で運営を続けるために、
攻める施策の実行が難しかったり、業務時間方になりがちです。

 

徐々にコスト増加をはかるために、運営代行サービスを活用


階段的なコストにならないためには、一部の時間や一部の業務分だけを新規の人手で対応できるようにする必要があり、その場合は大きく下記3つの手段があります。

(1)アルバイトや人材派遣サービス活用


社内に時間などを限定して人を入れることで、1名分未満の人件費での人手確保が
可能になります。
ただ、ネットショップの業務をしっかりと把握している人材の雇用はなかなか
難しく、育成の手間が多くかかるケースが見受けられます。
その場合、結果的に育成やマネジメントに既存人員のコストがかかってしまう
ため、一時的により業務を圧迫する可能性があります。

(2)ネットショップ運営代行サービス


運営代行サービスの場合、アルバイトを雇う場合などと比べて割高になるケースが多いですが、育成の手間がかからない、施策の考える部分から実行・検証までを
一貫して行えるなどのメリットが多く、結果的に費用対効果できると高くなる
ケースが多いです。
ネットショップの管理画面の使い方や販促方法は多岐にわたるため、プロに任せるのが安心だと考えます。

Hameeコンサルティングでは、ネットショップの運営代行サービスを行っております。
お気軽にお問い合わせください。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ネットショップの運営代行と担当者採用どちらを選ぶ?

ネットショップの運営代行と担当者採用どちらを選ぶ?

2017.08.24

ネットショップ運営代行サービスの選び方

ネットショップ運営代行サービスの選び方

2017.08.04

ECサイト運営代行とメリットとデメリット

ECサイト運営代行とメリットとデメリット

2017.05.22

ネットショップ運営者が覚えておきたい作業効率化方法

ネットショップ運営者が覚えておきたい作業効率化方法

2016.07.04

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。