Amazonコンサルノウハウ

公開日:

Amazonにおける検索対策について

Amazonに出店しているけどなかなか売上が上がらない、、、

もしかしたらこのような場合には商品がAmazon内で露出されていない可能性があります。

Amazonはご存知の通り世界で最も大きいECモールであり豊富な品揃えが特徴です。

数多ある商品の中で自社製品の売上を上げていくためには検索対策が必須になります。

では具体的にどのように検索対策をしていけば良いのでしょうか?

検索対策の重要性から攻略POINTまで解説していきます。

目次

・Amazonにおける検索対策の重要性

・Amazon検索表示対策の種類

・効果的な検索キーワードの選定方法

・注意点

・検索キーワードの設定方法

・まとめ

・Amazonにおける検索対策の重要性

アメリカAmazonによると、Amazonで欲しい商品があるときに検索窓で探す人は75%という調査結果が発表されています。

7割以上のユーザーが検索窓を利用して商品を探しているので、

検索対策をしなければユーザーが自社の商品にたどり着くこと自体が難しくなってきます。

逆にしっかりと対策をしていけば検索順位が上がり、露出が増え、売上が向上するきっかけに繋げる事が出来ます。

多くのユーザーが1番利用し売上のきっかけを作れる「検索」だからこそ重要度が高いと言えます。

・Amazon検索表示対策の種類

Amazonでの検索表示対策は大きく分けて3種類あります。

①スポンサープロダクト広告

②スポンサーブランド広告

③自然検索(キーワード設定)

①スポンサープロダクト広告とは

スポンサープロダクト広告とは、検索窓で検索した際、ユーザーの注目が集まりやすい検索結果ページ上部、商品詳細ページ等に、商品を表示させることが出来る広告です。

商品画像の下にスポンサープロダクトと記載があります。

②スポンサーブランド広告とは

スポンサーブランド広告とは、検索窓で検索した際、ユーザーの注目が集まりやすい検索結果ページ上部等に、自社のアイコン及び複数商品を表示することが出来る広告です。

スポンサープロダクト広告、スポンサーブランド広告共に広告表示は無料になっており、広告がクリックされるごとに料金が発生するクリック課金型の広告です。

広告によってアマゾン内の目立つ場所に商品を掲載することで、

商品露出の増加→商品ページアクセス数の増加→商品販売数の増加

に繋がり、Amazon内の自然検索順位向上が狙うことが出来ます。

詳しい内容に関しては

こちらにて記載しております。

③自然検索(キーワード設定)

自然検索とは、検索窓を使ってユーザーが検索した際に出てくる表示画面です。

自然検索該当商品には画像下にスポンサープロダクトとは記載されていません。

自然検索対策をするためには商品名・検索キーワードの選定が重要になってきます。

検索キーワードとは購入者には表示されませんが、商品に関連する言葉を登録しておくことで、検索窓を使ってユーザーが検索した際に適切な商品をヒットさせることができるシステムの事です。

検索キーワードの選定によって大きく順位も変わってくるので、今回はここの検索キーワードについて解説していきます。

・効果的な検索キーワードの選定方法

検索キーワードを実際に設定する場合は以下2つのやり方が効果的です。

①サジェスト(関連するワード)を使って調べる

Amazonのトップページで調べたい単語を検索窓で入力すると、サジェストワードが出てきます。

サジェストワードはユーザーによく検索されている単語です。検索ボリュームが高い検索キーワードを挿入する事でアクセス数の増加が見込まれます。

もし商品に該当サジェストワードを入れていない場合は選定しましょう。

②商品特徴を入れていく

検索順位は関連性が高く、ユーザーが検索する単語と一致する情報を商品に設定すると商品の露出度が高まります。

ですから検索キーワードには、出品している商品と関連性が高い具体的な単語を選定しましょう。

例えばソファーであれば、ソファーの中でも一人用なのか、二人用なのか

リクライニング機能があるのか、等

ソファーの中にも様々な用途・目的があります。

改めて自社の製品を見返して、どのような特徴、機能、魅力があるのか確認しましょう。

・注意点

検索キーワードを選定する上で注意点がいくつか存在します。

①検索キーワードの長さは500バイト未満(ファッションカテゴリーでは250バイト未満)に制限

この範囲内でキーワードを設定することが出来ます。

検索キーワードが制限を超えていると、そのASINの検索キーワードには、Amazon Searchでインデックスが作成されないので注意が必要です。

②商品に関係しないキーワードを挿入するのはNG

表示されるべきでない商品が検索結果に表示されると、Amazon側からのページ評価が下がり、検索結果に反映されなくなってしまいます。

例えば、iPhone機種のスマートフォンケースの商品にアンドロイド対応などの検索キーワードを挿入する行為です。

商品に該当する検索キーワードを入れて検索順位を上げていきましょう。

③半角スペースなしで複合キーワードを登録した場合、キーワードを構成する各単語はそ れぞれ検索対象にならない

例えば、商品に「ソファー1人用」と検索キーワードを選定しているとします。

この場合にユーザーが「ソファー」と検索しても検索対象にはなりません。

なぜなら複合キーワードとしてAmazonのシステムが認識するためです。

ソファー1人用、ソファー両方とも検索対象にしたい場合は

「ソファー1人用 ソファー 1人用」とそれぞれキーワードを選定し、半角スペースを入れる必要があります。

④アルファベットの大文字小文字、カタカナひらがなは片方のみを選定

例えば、メガネを出品者している場合、「めがね メガネ」と両方ともキーワードを選定する必要はなく片方のみ選定すれば検索システムが両方を考慮します。

・検索キーワードの設定方法

設定方法は以下の通りです。

Amazon Seller Centralを開く→在庫タブの中の在庫管理をクリック

→各商品の右側に表示されている、詳細の編集をクリック

→キーワードタブをクリック→検索キーワードボックスにキーワードを入力

→入力後保存して終了

まとめ

売上を上げていく、検索順位を上げていくためには様々なルールが決められています。

Amazonで最も大事なことが「ユーザーを第一に考えられているか」ということです。

ユーザー視点に立って、戦略を立てていくことが売上を上げるキーになってきます。

Hameeコンサルティングでは、Amazonにおける検索対策をはじめ、売上増加などのECコンサル、EC運営代行を行っております。

お気軽にお問い合わせください。

この記事が役に立ったら
いいね!お願いします

Hameeコンサルティングに「いいね!」する

この記事を共有する

ECコンサルはコチラ

メルマガ登録はコチラ

弊社サービス一覧

ECコンサルサービス

楽天SEO

出店コンサル

ライト運営代行

無料メルマガ

markbench

◆Hameeコンサルティングのサービスや実績を掲載したダウンロード用資料もご用意しております。◆