ヤフーとブックオフが提携して、中古書籍EC活性化の流れを作る

投稿日:2014.04.25

ヤフーはヤフオクにおいてECにおけるリサイクル品市場の多くを占めているが、書籍に関してはAmazonが非常に強力な状況にある。ブックオフ実店舗で書籍を購入し、Amazonで販売する「せどり」などの小銭稼ぎがここ10年くらいはやっているが、そんなビジネスモデルができてしまうほどAmazonでの中古書販売は活性化してる。
これは、登録の手間によるところが大きく、ヤフオクよりも簡単に商品登録することでAmazonに中古の書籍販売が集中していると考えられる。
このスパイラルによって、ヤフオクにおいては単品の書籍出品数が非常に少ない状態になっている。

 

今回の取り組みによって、ヤフオクにおける中古書籍の出品数が大きく増加することから、ヤフーとAmazonの中古書籍EC競争の激化が想定される。
ただ、ヤフーで書籍出品数の拡大は図れると考えられるが、購入はまた別の問題である。

ワンクリックで購入可能、商品数の網羅性が圧倒的などの強力なAmazonに落札・購入数で追いつくには、出品数と合わせて購入のしやすさを追求していく必要があると考えられる。
最近スマホアプリではフリマというCtoC(ユーザー対ユーザーでの販売・購入)のジャンルでの中古品販売市場が急拡大している。
PCでは圧倒的な立ち位置を築いているヤフオクがスマホで今後どのような取り組みを行ってくるかも気になるところです。

 

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

2021.04.27

「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。