セブン&アイ 2015年内に通販商品を即日コンビニ受け取りへ

投稿日:2014.10.29

日本経済新聞によると、セブン&アイホールディングスはグループの実店舗で扱う商品をインターネットで購入した場合、コンビニで当日に受け取りできるサービスを開始します。
通販などのネット専門の物流拠点を稼動させ、イトーヨーカ堂・西武・ロフトなどのグループの商品を取り扱います。2015年内には約300万の商品を揃えて、首都圏の7000店舗で即日受け取りを開始し、サービスを全国に広げていく予定です。夜中に注文すれば翌朝に店舗で受け取れますが、午前7時に発注した場合は最短で午後7時の受け取りとなります。また、送料は無料で店舗での返品も可能です。

2013年よりオムニチャネル化にむけた取り組みを強化させているセブン&アイホールディングスは、24時間どこでも買い物ができ、利用者にとって都合のいい時間や場所を選べるサービスをコンビニや他グループのビジネス基盤を活かして年々実現化しています。利用者側の視点から言うと、生活の身近な存在として定着しているコンビニで荷物が受け取れることは非常に便利です。宅配を待つために自宅にいるといった縛りがなく、更に即日受け取りというスピードもありがたいことです。コンビニには多彩なジャンルの商品が置いているので、荷物を受け取りにいったついでに、コンビニでも買い物をすることに期待できます。

実際に想定と現実の違いを検証するため、セブンイレブンとそごう・西武と連携した様々なテストを行っているが、コンビニ側の対応もどうなるか心配です。グループから送られてくる荷物の管理や受け渡しミス、混雑時の対応など様々なトラブルが想像できます。また、コンビニという空間で荷物の保管スペースの圧迫や従業員の負担も大きく増えることは間違いないです。

今回の取り組みは今後のオムニチャネル推進プロジェクトにとって、参考になるデータになることに期待が持てます。今後のオムニチャネルの更なる新サービスの登場にも期待しつつ、まずは動向を見守っていきたいです。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。