北米ソーシャルログインでFacebook利用率が50%を超える

投稿日:2014.04.24

ウエブサイトにログインする際にfacebookやtwitterなどのソーシャルアカウントでログインするソーシャルログインが最近増加してきた。
北米ではソーシャルログインにおいてfacebookの利用が50%を超えるという調査結果がでた。

 

日本国内でのfacebook利用ユーザー数も右肩がありで増加している流れを見ると、日本でも同じような状況になってくると想定される。

これは、面倒だった会員登録を行わない流れにより、会員数の増加を図るために導入されており、スマートフォンの普及により、より促進されると考えられる。

 

ECサイトとfacebookの連携は数年前から活発になっているものの、まだまだ上手くいっていない企業が多いが、今後のさらなるfacebookの普及により、楽天やヤフーショッピングに並ぶ新たなプラットフォームがSNS上にでてくる日もそう遠くないのではないだろうか。

 

SNS上でユーザーが住所などの個人情報をよりいれていくことで、ECサイトでもソーシャルログインを使うことができ、CVRの改善ができてくることも想定される。

現段階でfacebookでは売上増加に直結しずらいのは確かだが、その日に備えて利用しておくことは必要ではないだろうか。

 

 

 

 

 

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

ECコンサルが教える便利なツール

ECコンサルが教える便利なツール

2015.05.22

仕入れなしでのアパレル商品販売!BtoB Market Placeが開始

仕入れなしでのアパレル商品販売!BtoB Market Placeが開始

2015.01.15

ストラテジックマーケティングがリリースしたCVRを高めるための「ウレウェブ」とは?

ストラテジックマーケティングがリリースしたCVRを高めるための「ウレウェブ」とは?

2015.01.09

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。