楽天市場を中心に前年に比べて国内EC流通額が11.3%増加

投稿日:2014.11.07

楽天は2014年7-9月期連結業績を11月5日に発表しました。国内EC流通総額は楽天市場を中心に、前年同期比の11.3%増の4795億円と順調に売上を伸ばしています。その要因として、2014年9月に東北楽天イーグルスの優勝に合わせたセールでの押し上げ効果もありますが、他にも「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」などのイベントが盛り上がり、昨年の流通額を大きく上回る結果となりました。
また、国内EC流通総額のうちスマホ・タブレット経由による流通額が43%となり大幅に拡大しています。楽天では、スマホやタブレットユーザーでの利用者が増えるのを見越して、デザインの変更や機能追加を実施してきました。一回の注文あたりの購入金額も伸びていて、高価な商品を購入しているユーザーが増えている傾向になります。ユニーク購入者数も前年同期比6.9増、注文件数も6.2%と上昇しています。

出店者数に関しては、2014年9月末と2013年9月末と比べると215店舗減少しています。競合のヤフーショッピングが2013年10月に出店料を無料化したことにより、新たにEC事業を始めようとする企業がヤフーショッピングに出店するケースが増えていると考えられます。出店者数は減少しましたが、月額料金が基本料金よりかかるスタンダードプランやメガショッププランに契約する店舗の割合が2013年9月に比べると42.3%拡大し、一店舗あたりの売り上げも伸びています。楽天は出店者の満足度が高い「プレミアムモール」を目指しているので狙い通りに推移しているようです。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。