アマゾンがローソン、ファミリーマートに続きミニストップでも店舗受け取りが可能に

投稿日:2014.11.22

2014年11月20日にアマゾンジャパンは、全国に2127店舗あるミニストップで「Amazon.co.jp」で購入した商品を、コンビニ店頭で受け取りと代金を支払えるサービスを開始しました。サービスの名称は「店頭受取」で、既にアマゾンはローソンとファミリーマートで「店頭受取」を展開しています。今回ミニストップを加え、さらにユーザーの利便性を高めます。ミニストップで商品を受け取りたい場合は、商品を注文する際に、受け取り方法として「ミニストップ店舗」を選択した後に希望する店舗を指定する形になります。
商品を受け取り可能になった時点でメールが届くので、そこに記載されている「お問い合わせ番号」「認証番号」を、店内に設置されているマルチメディア端末「MINISTOP Loppi」に入力します。入力すると「コンビニ受取サービス商品引換票」が出力されるので、レジに提示すると商品を受け取ることが可能です。

商品はいつまでもコンビニに取り置けるわけではなく、到着してから10日以内に受け取る必要があります。注文してから最短で翌日に受け取ることが可能です。アマゾンは店頭との連携を強めていて、ヤマト運輸の営業所での受け取りサービスも開始しています。ローソンでは店舗からAmazon.co.jpの商品を注文できるなどオムニチャネルも強化しています。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。