アマゾンが出品者向け広告を開始 検索連動型のクリック課金型

投稿日:2014.11.25

アマゾンジャパンは2014年9月下旬から新しい広告サービス「Amazonスポンサープロダクト」を開始しました。「Amazon.co.jp」の検索結果ページで広告を掲載できるもので、クリック課金型で1クリック2円からのキーワード広告としています。大口出品サービスに登録している法人のみ広告掲載可能で、アマゾン内で販売している商品に限定しています。ユーザーがアマゾンで検索した際に、関連ワードを設定している商品がページの最下段に表示されます。将来的には商品ページにも掲載できるようにすると考えています。
これまで出品サービスは、能動的に売り上げを上げる仕組みがあまりなかったが、検索連動型広告によって自社商品の誘導につなげます。アマゾンでは、検索した際に上位に商品が表示されるには売り上げ実績などが必要でしたが、今回の広告サービスを活用すれば、新商品でも早期露出が可能となります。広告が表示される基準として、一定のパフォーマンスを到達している大口出品者に付与される資格の「ショッピングカートボックス」を獲得している場合のみで、それ以外は、表示されない仕組みです。

広告利用者の支援として、「オートターゲティング」機能もあります。商品と予算を設定すると、自動的に検索キーワードのビックデータを活用し、適切な検索キーワードで広告が掲載できます。海外では同様のサービスを7カ国で導入していて、効果も出ているようです。

 

まだまだ掲載位置が下のためクリック数がでずらいですが、今後は楽天やヤフーショッピングのCPC広告のように、上部への掲載が始まることも想定されます。Amazonでの検索上位表示施策は難しかったため、実現されればAmazonにおける売上増加施策の1つとして重要になると考えられます。

Amazonとの相性がいいジャンルでまだ出店されてないかたは、手間もかかりづらいためAmazonへの出店を検討してみてはいかがでしょうか。

HameeコンサルティングではECコンサルサービスにて無料で戦略策定を行っております。お気軽にお問い合わせください。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

2021.04.27

「2021年EC業界図」にECコンサル会社の5社のうちの1社として掲載されました

Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。