駿河屋を運営しているエーツーが「スルガヤクラウドPOSシステム」を外部企業に提供

投稿日:2014.11.22

株式会社エーツーは2014年12月から、運営しているECサイト「駿河屋」で培った商品データを利用できるクラウド型POSシステムを、企業向けに提供する取り組みを始めています。駿河屋はゲーム・古本・CDなどのマスターデータなどが利用できるようになります。クラウドサーバーを活用して、グループ店舗のデータも一括で管理できます。情報の共有や業績分析の作業時間を大幅に短縮できます。
提供するシステムの名称は「スルガヤクラウドPOSシステム」といい、駿河屋が扱っているゲーム・古本・CD・フィギュアなどの約700万件のマスターデータや100万件以上の商品画像が利用できます。今後は、取り扱い品目の増やしていく方針です。店舗とネットでの販売以外に、リサイクル事業にも活用できます。商品検定の業務の効率化として、複数ワードでの商品検索やカテゴリーごとの絞込み機能も採用されています。ソフトウェア保守費用に月額5000円かかりますが、利用料金は無料です。その他にも、データ使用料は別途かかります。

株式会社エーツーはホビーを中心とした店舗やネット通販を展開していて、2013年8月期の売上高は147億円でした。
2015年には「駿河屋」で他企業も出品できるマーケットプレイスを開始する予定です。「スルガヤクラウドPOSシステム」からも出品が可能です。

SNSでシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

関連記事

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

ECサイトの運営を高利益化するためのクラウドソーシングサービスの活用

2016.05.13

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

LINEが運用型広告を導入することで、ECサイトの広告はどう変わる?

2016.03.25

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

ECコンサルからみるスタートトゥデイのアラタナ買収

2015.03.25

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

ECコンサルが考えるメール便廃止対策

2015.01.23

楽天スーパーセール必殺マニュアル
売上リサーチツール mark bench
Amazon Vine 先取りプログラムについて

2020.08.16

Amazon Vine 先取りプログラムについて

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

2020.06.30

【楽天市場】スマートフォン用説明文の掲載可能な画像枚数が20枚へ変更

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

2020.07.12

【楽天市場】広告費削減のためにまずやるべきRPP広告のチューニング

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

2020.05.25

Amazon出店時に気を付ける3つのポイント

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

2020.05.20

楽天他社売上想定ツールmarkbench新機能追加のお知らせ

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

2020.05.18

Amazonで売る戦略!スポンサーブランド広告とは?

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

2020.05.08

より魅力的な商品ページに!商品紹介コンテンツとは?

今ならECコンサルが1ヶ月無料!
弊社ブログの最新記事を無料メルマガでお届け!

SERVICE

多くの選択肢の中から最適解を導き出し、高精度な施策のご提案を行います

CONTACT

サービスに関するご相談やご質問などこちらからお問い合わせください。